更新日:2016年7月19日

平成26年度行政評価の試行結果(平成27年9月公表)

1 行政評価の試行について

 行政評価システムの構築に向け、本市において実施可能な評価手法を検証し、導入した場合の影響等を調査するため、また、行政評価システムの円滑な導入に資するため、平成25年度に実施した事務事業を対象に、行政評価を試行しました。

 

 〔行政評価システムとは〕

  行政評価システムとは、市が行うべき事務事業についてその必要性を明らかにし、事務事業を実施した成果を評価し、再検証するための仕組みをいいます。市において行政評価を実施するねらいは、PDCAサイクルの確立、行政運営の効率化、職員の意識改革、行政活動の成果の向上、説明責任(アカウンタビリティ)の向上、住民サービスの向上を図ろうとするものです。

 

2 試行評価の対象とする事務事業の選定基準

  試行評価は、平成25年度の事務事業の実績を対象とし、すべての所属において行いました。対象とする事務事業は、次の基準により各所属長が選定しました。

 

 〔選定基準〕

 (1) 1係につき1事務事業

 (2) 試行評価の対象から除くもの

  • 鴨川市補助金等の見直しに関するガイドライン(平成21年6月策定)に基づく見直しの対象となるもの。
  • 係全体の年間の事務量から見て、その処理時間が極めて少ないもの。

 

 〔選定結果〕

  27課65事務事業

 

3 評価組織

 庁内に行政評価本部を設置し、試行評価の2次評価、行政評価システムを構築するための審議等を行いました。

 

  〔鴨川市行政評価本部の構成〕

市長(本部長)、副市長、教育長、教育次長、総務課長、企画政策課長、財政課長、 議会事務局長

 

4 試行評価の実施手順

  試行評価シートにより、2段階評価により行いました。

 

  〔実施手順〕

   1.  行政評価シートの作成/各所属の係長(又はその指定する職員)が作成

   2.  1次評価/所属長が自己評価を実施

   3.  2次評価/行政評価本部が1次評価結果の点検及び総合的な評価を実施

 

5 試行の時期

  1次評価 平成26年8月

  2次評価 平成27年1月~7月

 

6 平成26年度行政評価の試行結果

  平成26年度の行政評価の試行結果についてまとめた資料です。

行政評価の試行結果について(PDF:234.3KB)

課別の評価結果(PDF:394.5KB)

 

 

お問い合わせ

総務課

〒296-8601 千葉県鴨川市横渚1450
電話:04-7092-1111(代)
直通電話:04-7093-7829(人事係、行政係)
メールのお問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。