更新日:2014年11月28日

ふるさとの四季-冬-

回遊する鯛たちの夢に~海の眠りがめぐり来る春を待つ

季節の変化には、海に生きる魚も敏感だ。磯にクロダイやメジナが現れ、沖に戻り鰹がやって来ると、天津小湊にも遅い冬が来る。空と海の色が溶け込むまで、漁港の灯りは眠ることを知らない。寒さを重ねるたびに春は近づいてくる。その足音に耳を澄ましながら、海は束の間の夢を見る。

漁港の水揚げ

漁港の水揚げ

港には年間を通じて様々な魚が水揚げされるが、冬の代表はやはりキンメダイだろう。天津小湊町の沖は、水深が深く潮目もよいため格好の漁場となっている。

ハバノリ採り

ハバノリ採り

天津小湊の師走の風物詩。食べると”ハバがきく”と言われ、正月の縁起物として珍重されている。

  • このページは「天津小湊町町勢要覧(平成14年1月発刊)」より抜粋しております。

関連リンク

 

関連リンク

歴史と文化財

天津小湊町町勢要覧

お問い合わせ

経営企画部 経営企画課

〒296-8601 千葉県鴨川市横渚1450
電話:04-7092-1111(代)
直通電話:04-7093-7827(経営改革係、企画係、秘書広報係)
広報専用直通電話:04-7093-7842
メールのお問い合わせはこちらから