更新日:2014年11月28日

ふるさとの四季-春-

季節の扉を開いて穏やかな陽光が生命の歌を詠いあげる

厳かに執り行われる誕生寺の祝祷会が新年の訪れを告げる。天津小湊の春は早い。温暖な海流に抱かれた潮騒の郷は、息吹き始めた新しい生命に満たされていく。清澄寺で節分会が行われる頃には、芽吹き出す気の早い草花も少なくない。春告げ鳥が鳴けば、まさにその時。満開の桜はやがて新緑の萌木を呼び、季節は初夏へと移ろっていく。

清澄寺

清澄寺の節分会豆まき

千二百年以上の歴史を持つ清澄寺は、千年杉の見守る古刹である。境内のひときわ高い場所にある旭が森の初日の出は富士山と並び日本で早く御来光が楽しめ、日蓮聖人が昇る朝日に向かい、立教開宗を宣言した場所と伝えられている。

鯛の浦の鯛供養、ヒジキ刈り

鯛の浦の鯛供養

鯛の浦の鯛供養

聖地として禁漁が守られている鯛の浦は、深海回遊性の鯛が水深20メートルの浅瀬に一年中いるという謎の海域で、国指定特別天然記念物。日蓮生誕を祝して鯛が群れ集まったという伝説もある。1月18日には鯛供養弁天祭が行われる。

ヒジキ刈り

ヒジキ刈り

ヒジキは、長寿の草と呼ばれるほど高いミネラル分を含んでいる。特に天津小湊の製品は、粒が大きく高品質なことから健康食品として高い評価を得ている。

このページは「天津小湊町町勢要覧(平成14年1月発刊)」より抜粋しております。

関連リンク

ふるさとの四季-夏-

天津小湊町町勢要覧

お問い合わせ

経営企画部 経営企画課

〒296-8601 千葉県鴨川市横渚1450
電話:04-7092-1111(代)
直通電話:04-7093-7827(経営改革係、企画係、秘書広報係)
広報専用直通電話:04-7093-7842
メールのお問い合わせはこちらから