更新日:2020年4月23日

郷土資料館

郷土資料館

1階展示室

農家のくらし

農家のくらし

江戸時代から昭和時代前半までの農家のようすを再現しています。土間、居間、座敷のモデルと調度品を展示しています。 

農業の道具

農業の道具

機械化以前の農具である足踏脱穀機、千石どおし、万石どおし、籾摺木臼、籾摺土臼、臼、杵、唐箕などを展示しています。

漁業の道具

漁業の道具

磯漁業、沿岸漁業、川魚漁業の道具や伝統工芸である万祝を展示しています。

商業の道具

商業の道具

江戸時代から昭和初期までの商家のようすとそろばん、レジスター、かんばんなどの商業用具を展示しています。

1階特別展示室

水田三喜夫氏の遺品

水田三喜男コレクション

郷土の生んだ政治家、元大蔵大臣、水田三喜男氏の遺品です。天皇陛下から大臣就任時にいただく官記や、愛用していた硯や腕時計、囲碁の碁盤、当選証書、大臣時代の写真などを展示しています。

入替制ですが、所蔵していた掛軸(書、絵画)や陶磁器なども展示します。

2階展示室

初代伊八 欄間彫刻

武志伊八

郷土出身の彫物大工、武志伊八郎信由は、「関東に行ったら波を彫るな」という伝承があるほどの名人。通称「波の伊八」。「安房の三名工」の一人。

欄間彫刻2点を常設展示するとともに、数多く現存する作品を写真で紹介。大山寺不動堂向背の実物大写真もあります。

やぶさめの道具

無形民俗文化財

県指定文化財である吉保八幡神社のやぶさめ、北風原の羯鼓舞で使う道具を展示。江戸から譲り受けた山車の一つ、諏訪講の山車人形2体も紹介しています。

古泉千樫

郷土出身のアララギ派の歌人、古泉千樫の作品、短歌、掛軸、雑誌などを展示しています。

民俗資料

明治から大正にかけての教科書・お金の他、人力で動かす消防ポンプ、林業用の大きなノコギリ、機織り機などを展示。

お問い合わせ

生涯学習課 文化振興室

〒296-0001 千葉県鴨川市横渚1401-6
電話:04-7093-3800
メールのお問い合わせはこちらから