更新日:2020年12月5日

新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口

新型コロナウイルス感染症のお問い合せ

 新型コロナウイルスは、発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。風邪やインフルエンザと同様に、まずは咳エチケットや手洗いなどの感染予防に努めていただくようお願いいたします。

 ご自身の症状に不安がある場合など、お問い合わせについては、次の窓口にご相談ください。

 なお、新型コロナワクチンについての相談は、「新型コロナワクチンに関する相談窓口」にお願いします。

(1)平日及び土曜日、日曜日、祝日

・千葉県の発熱相談コールセンター(24時間対応)

           [令和3年3月31日24時まで] 電話 03-6747-8414

     [令和3年4月1日0時以降]  電話 0570-200-139

・厚生労働省の電話相談窓口(フリーダイヤル)(午前9時から午後9時まで)

     電話 0120-565653

      (日本語・英語・中国語・韓国語・ホ゜ルトカ゛ル語・スヘ゜イン語:

                                 午前9時~午後9時)

      (タイ語:午前9時~午後6時)

      (ベトナム語:午前10時~午後7時)

(2)平日のみ

・鴨川市健康福祉部健康推進課(ふれあいセンター)

  (平日の午前8時30分から午後5時15分まで、火曜日は午後7時まで)

     電話 04-7093-7111

     FAX 04-7093-7115

*聴覚に障害がある方をはじめ電話でのご相談が難しい方は、FAX番号をご利用ください(FAXによるご相談の場合、回答までにお時間をいただく場合があります)。

   

正しい手洗いの手順について

咳エチケットについて

新型コロナワクチンに関する相談窓口

 新型コロナワクチンに関する厚生労働省の電話相談窓口が、2月15日9時より設置されました。新型コロナワクチンに関する相談にご利用ください。

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター(フリーダイヤル)(午前9時から午後9時まで。土曜日、日曜日、祝日も実施)

     電話 0120‐761770

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安

1.相談・受診の前に心がけていただきたいこと


○発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。
○発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく 。

○基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化のある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配の方は、まずはかかりつけ医等に電話でご相談ください。


2.ご相談いただく目安


少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに発熱相談コールセンターにご相談ください(これらに該当しない場合の相談も可能です)。
・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

・重症化しやすい方(*)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
 (*)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患( COPD 等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

・上記以外の方で、発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です)


<妊婦の方へ>
妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めにご相談ください。
<お子様をお持ちの方へ>
小児については、小児科医による診察が望ましく、発熱相談コールセンターやかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。

*この目安は、相談・受診する目安です。これまでどおり、検査については医師が個別に判断します。


3.医療機関にかかるときのお願い


○複数の医療機関を受診することにより、感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。
○医療機関を受診する際には、マスクを着用するほか、手洗いや 咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる) の徹底 をお願いします。

相談・受診の目安(県HP)

偏見・差別等の防止に向けた相談窓口

 「新型インフルエンザ等対策特別措置法等の一部を改正する法律」が2月13日に施行され、新たに差別的取扱い等の防止に関する規定が設けられました。

 国や地方自治体は、偏見・差別等の防止に向けた普及啓発・相談受付を実施し、偏見・差別のない社会を目指します。

AIチャットボットによる情報発信

 県では、入力した問い合わせに対し、AIが会話形式で回答する多言語AIチャットボットによる情報発信を行っています。2月16日より、URLが変更され、発熱相談窓口等の案内ができるようになりました。

URL:https://covid19-chiba.obot-ai.com

利用方法:スマートフォンやタブレットで下記のQRコードを読み込むか、URLを入力しアクセスし、表示されるチャットボットに質問を入れる。

対応言語:6か国語(日本語・英語・中国語(繁体字・簡体字)・韓国語・タイ語)

お問い合わせ

健康福祉部 健康推進課

〒296-0033 千葉県鴨川市八色887-1
電話:04-7093-7111(管理係、保健予防係、介護保険係、国保病院経営改革係)

福祉総合相談センター(鴨川市総合保健福祉会館内)

〒296-0033 千葉県鴨川市八色887-1
電話:04-7093-1200
メールのお問い合わせはこちらから