更新日:2014年11月28日

仁右衛門島

頼朝伝説の島「名勝・仁右衛門島」

 仁右衛門島は、その名の通り南房総の海にぽっかりと浮かぶ約3万平方メートルの“島”で、千葉県指定の名勝で、新日本百景の地としても選ばれています。

 昔から所有者の平野仁右衛門が一戸だけ住んでいる所から“仁右衛門島”(にえもんじま)と呼ばれています。

 現在でも風情あふれる、珍しい二丁櫓の手こぎの渡し舟に乗って島へと渡ります。

 源頼朝や日蓮聖人の伝説で知られ、島内には、歌人たちが仁右衛門島の四季を詠んだ句碑などもあります。また、島には四季を通じて花が絶えることがなく、金銀針茄子(きんぎんはりなす)という珍しい植物も自生しています。

 

営業時間

8時30分から17時
気象条件によって、渡船が運航できない場合は休業となります。

交通

JR太海駅下車徒歩12分

(JR安房鴨川駅から路線バス、タクシーが有ります)

電話

04-7092-3456

 

イメージ画像

  (仁右衛門島と渡し舟の画像)

イメージ画像

   (島主住居の画像)

イメージ画像

  (仁右衛門島表門の画像)

関連リンク

関連リンク

名勝 仁右衛門島

お問い合わせ

観光課

〒296-8601 千葉県鴨川市横渚1450
電話:04-7092-1111(代)
直通電話:04-7093-7837(観光係、新たな観光づくり係)
メールのお問い合わせはこちらから