更新日:2014年11月28日

鴨川大山千枚田

 鴨川市内でも、平坦な土地が少ない山間部では、昭和50年頃までは、斜面を開墾した棚田はごくありふれた風景でした。しかし稲作の機械化と農業従事者の高齢化が進む昨今では、急速に姿を消しつつあるのが実情です。この釜沼地区の千枚田は、市内でも最もよく管理されている棚田で、約370枚の水田で耕作が続けられています。大小様々な田が段々に連なる千枚田の景観は、日本の農村の原風景をとどめており、人と自然が相互に作用して作られた「文化的景観」としての価値が評価され、平成14年に県の名勝に指定されました。現在では「オーナー制度」を導入し、景観保全とともに都市住民に農業体験の機会も提供するなど、地域の活性化にも貢献しています。 
県の指定名勝が2件ある市町村は県下では、現在のところ鴨川市だけです。

場所:千葉県鴨川市釜沼

交通:安房鴨川駅から路線バスで「釜沼」下車、徒歩20分

案内図はこちら(PDF:73.9KB)

(千枚田、春)

(千枚田、秋)

お問い合わせ

生涯学習課 文化振興室

〒296-0001 千葉県鴨川市横渚1401-6
電話:04-7093-3800
メールのお問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。