更新日:2014年11月28日

鯛の浦タイ生息地

鯛の浦タイ生息地(国指定特別天然記念物)

内浦湾では鯛は日蓮聖人ゆかりの魚として代々禁漁とされ、手厚く保護されて来ました。誕生寺内にはタイ供養碑が建立され、網にかかってしまった鯛を供養しています。
鯛は本来は30から150メートルの水深に群れをなさずに生息しています。しかしこの周辺の鯛は、10から15メートルの浅い水深に群れをなして生息しており、これは極めて珍しい生態です。鯛が群れ泳ぐ様は遊覧船から間近に見ることもできます。
世界有数のタイ群生地として、大正11年に国の「天然記念物」に指定され、昭和42年に「国指定特別天然記念物」に昇格しました。現在でも県内唯一の特別天然記念物です。

場所:千葉県鴨川市小湊

交通:安房小湊駅から徒歩20分

案内図はこちら(PDF:59.4KB)

鯛の浦

お問い合わせ

生涯学習課 文化振興室

〒296-0001 千葉県鴨川市横渚1401-6
電話:04-7093-3800
メールのお問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。