更新日:2014年11月28日

効率的な農業経営

ほ場整備を進めて、より効率的な農業を

鴨川市の経営耕地面積は田畑合わせて約1,711ヘクタール。そのうち、約1,300ヘクタールがほ場整備可能であり、その約85%にあたる1,109ヘクタールが現在までにほ場整備を完了しています。農業経営の効率化を図るためには、なお一層ほ場整備を伸長させる必要があります。

  • 市では、そのための各種事業を進めています
  • 国、県の補助に加えて、市でも補助金を設けて受益者の負担を軽減するよう務めています

ほ場整備をすすめましょう

ほ場整備とは、各農家の農地を整備して区画を30アールから1ヘクタール以上にまとめ、農作業の効率化をはかるものです。
各農家が所有する農地が分散していたり、区画が小さい、階段状であるといったことから生じるいろいろな不便を解消することができます。

農業経営基盤強化促進事業

農地の流動化を進めるためにも農地の有効利用を

  • 兼業農家が他人に水田や畑を貸して耕作をゆだねる際、生じる不合理を排除し、各種権利が生じない形で実情にあった農地の流動化を図るため、市では「農業経営基盤強化促進事業」を行っています。
  • 遊休農地は病害虫の巣や枯草火災などの原因にもなりやすく、積極的な活用が望まれるため、市では昭和54年度から農業委員会とともに同事業を促進しています

農地の権利移転

農地の権利移転の際は以下の許可、手続きが必要です。

  • 農地の権利設定をするとき、農地法による許可申請
  • 農地の賃借のとき、農業経営基盤強化促進法による手続き

農業融資

農業経営を援助する各種制度を実施しています
現在、市では効率的な農業経営の振興を図るため、各種の援助を行っています。
 

農業近代化資金

  • 農業経営が施設の改善または新築、農機具の購入、家畜の導入等にご利用いただくものです
  • 借り入れにあたっては、農協・安房農林振興センター改良普及部改良普及課とよくご相談の上、融資機関を経て農林水産課へお申し込みください
  • 受付は、原則として奇数月の10日までです

農業改良資金

  • 技術資金的な性格の制度です
  • 援助指導は安房農林振興センター改良普及部改良普及課とよくご相談ください
  • 無利子です
お問い合わせ

農水商工課

〒296-8601 千葉県鴨川市横渚1450
電話:04-7092-1111(代)
直通電話:04-7093-7834(農林水産振興係、商工振興係、農林水産土木係、移住交流推進室)
メールのお問い合わせはこちらから