更新日:2021年3月1日

市独自の支援・給付

 新型コロナウイルス感染症は、首都圏から地方へその広がりを見せており、近隣市町でも、新規の感染者が増えている状況です。
 感染症の収束見込みがいまだわからない中、今後の生活に不安を感じている方も多いことと思います。
 市では、次のとおり、各種助成や給付金の支給など、市独自の支援を実施します。

出産・子育てを支援

1.ひとり親世帯臨時特別給付金(再支給) ※終了しました

 新型コロナウイルス感染症の影響による、収入の減少や子育てへの負担増加に対する支援のため、子育てと仕事を一人で担うひとり親世帯の方を対象として国から、ひとり親世帯臨時特別給付金基本給付分(第1子5万円、第2子以降3万円)が再支給されます。
 なお、すでに初回分の基本給付金を受けている方は、再支給分を12月中に支給する予定です。
 また、現在、公的年金受給中や所得が高いため児童扶養手当を受給していないひとり親世帯の方でも新型コロナウイルス感染症による影響で、児童扶養手当支給水準まで収入が下がった場合、申請により初回分と併せて給付金を受け取ることができますので、子ども支援課までご相談ください。その際に申請書類につきましてもご案内させていただきます。

■給付額  1世帯につき5万円、第2子以降1人につき3万円

■申請期限  令和3年2月26日(金曜日)まで

■問い合わせ 子ども支援課〔電話04(7093)7113〕へ

 

2.妊産婦支援給付金
 感染症の不安を抱える妊産婦の出産や子育てを支援するため、給付金を支給します。
■給付額  妊産婦1人につき3万円
■対象 令和2年4月28日以降に妊娠届を提出した妊婦、または同日以降に出産した産婦(令和3年3月31日まで)
■申請方法 10月中に申請書を送付します。必要事項を記入のうえ、窓口へ持参または返送してください。
■問い合わせ 健康推進課〔電話04(7093)7111〕へ

 

3.子ども未来応援給付金 ※終了しました
 今を生きる子どもたちが健やかに成長できるよう、応援給付金を支給します。
■給付額 子ども1人につき1万円
■対象 令和2年10月1日時点で住民基本台帳に記録されている平成17年4月2日~令和2年4月27日生まれの子ども
■申請方法 11月ごろ申請書を送付します。必要事項を記入のうえ、窓口へ持参または返送してください。
■問い合わせ 子ども支援課〔電話04(7093)7113〕へ

 

高齢者の負担を軽減

高齢者インフルエンザ予防接種の助成を増額 ※終了しました

■助成額 1,500円→2,500円
※生活保護受給者は全額助成(保護証明提出)
■対象 市に住民票がある方で、(1)または(2)に該当する方(年齢は接種日現在)
(1)65歳以上の方⇒予診票は、各医療機関や市役所、ふれあいセンター、各出張所、郵便局(前原・東条・田原・長狭・金束・曽呂・太海)でお受け取りください。
(2)60歳から65歳未満で、心臓・腎臓・呼吸機能、ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に重い障害のある方(身体障害者障害程度等級1級に相当する方)⇒予診票を送付します。
■接種期間 10月1日(木曜日)から12月31日(木曜日)まで
■場所 石川外科内科クリニック・伊藤胃腸科クリニック・小田病院・亀田クリニック・市立国保病院・川邉整形外科クリニック・黒野医院・東条病院・長谷川医院・前川小児科クリニック・真木クリニック(費用など詳しくは、各医療機関に問い合わせください)
■問い合わせ 健康推進課〔電話04(7093)7111〕へ

農林漁業者の取り組みを支援

経営継続補助金の市上乗せ補助

 国の経営継続補助金(下記)の採択を受けた農林漁業者に対し、市で上乗せして補助金を助成します。

■補助上限 単独申請⇒16万6,000円、共同申請⇒166万円

 

国の経営継続補助金 ※終了しました

■対象 新型コロナウイルス感染拡大防止対策を行いつつ、販路の回復・開拓、生産・販売方法の確立・転換などの経営継続に向けた取り組みを行う、常時従業員が20人以下の農林漁業者(個人・法人)

■補助上限 単独申請⇒150万円、共同申請⇒1,500万円

■補助の対象となる経費(単独申請の場合)
1)経営継続に関する取り組みに要する経費・補助率:3/4(上限100万円)
※補助対象経費の1/6以上を、接触機会を減らすための省力化機械などを導入するなどの各種要件があります
2)感染拡大防止の取り組みに要する経費・補助率:定額(上限50万円)

3)市の上乗せ支援・補助率:1/8以内(上限16万6,000円)

◎国の経営継続補助金は、以下の支援機関の支援を受けることが必要となります。詳しくは、お近くの支援機関に問い合わせください。
▽支援機関 安房農業協同組合、千葉県みるく農業協同組合、鴨川市漁業協同組合、東安房漁業協同組合、千葉県森林組合連合会

■問い合わせ 農林水産課〔電話04(7093)7834〕へ

事業主の皆さんを支援

1.雇用調整助成金等申請支援金

■対象 以下の(1)(2)いずれにも該当する事業主
(1)市内に所在する法人および個人の事業主
(2)今年4月1日以降に雇用調整助成金などの支給申請事務を社会保険労務士へ依頼し、支給決定を受けた事業主
■給付額 1事業所あたり上限10万円
■問い合わせ 商工観光課〔電話04(7093)7837〕へ
※現在、申請受付の開始に向けて準備を進めています。整い次第、改めてお知らせします

 

2.中小企業の再建支援
 新型コロナウイルス感染症の拡大により、大きな影響を受けている中小企業者など(個人事業主を含む)を支援するため、千葉県が実施する中小企業再建支援金の給付を受ける事業者に対し、上乗せ給付を行います。
■対象者 千葉県中小企業再建支援金の給付を受けた事業者であること(売上高が前年同月と比較して50%以上減少していること)。ただし、令和2年8月31日までに千葉県中小企業再建支援金の申請をした場合に限る
(1)賃借している事業所がない事業者
(2)1事業所を賃借している事業者
(3)複数事業所を賃借している事業者

区分 県交付額 市交付額
(1) 200,000円 100,000円 300,000円
(2) 300,000円 150,000円 450,000円
(3) 400,000円 200,000円 600,000円

■注意 千葉県の休業要請対象業種の場合、休業要請にご協力いただくことが給付の要件となります。また、休業要請については、全期間協力いただくことが基本ですが、一部の期間ご協力いただいている場合は、上記交付額から減額されます。
■問い合わせ 商工観光課〔電話04(7093)7837〕へ

市内小売店などを応援

鴨川お買い物割引支援事業 ※終了しました

■補助額 参加店ごとに1~5割の割引率を設定していただき、その割り引きした金額に対して1事業所あたり最大20万円
■募集期限 10月20日(火曜日)まで
■問い合わせ 鴨川市商工会〔電話04(7092)0320〕へ
◎商工会員限定の事業となります。未加入の事業所の方は、どうぞ、この機会にご検討ください。

相談窓口の設置

1.新型コロナウイルス感染症の影響でお困りの方の電話相談窓口
 鴨川市役所内に、「新型コロナウイルス感染症の影響でお困りの方の電話相談窓口」を設置します。新型コロナウイルス感染症対策については、多くの支援策がありますが、申請手続きが複雑であったり、わかりづらかったり、また、問い合わせ先がわからないなどの声があります。こうした皆さんの相談窓口として、相談内容に応じた適切な窓口をご案内します。「密」を避けるため、電話でのご相談を原則とし、必要に応じ担当課窓口などでの対応をご案内していきます。
■専用電話 新型コロナウイルス感染症の影響でお困りの方の電話相談窓口〔電話04(7093)7862〕《午前9時~午後5時 月~金曜日・祝日を除く》

2.持続化給付金申請支援窓口
 営業自粛などにより特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧とするため、国から「持続化給付金」が支給されます。これは、電子申請が原則となっていますが、パソコンやスマートフォンの操作が不慣れな方の中には、申請手続きが難しいとの声があることから、特に支援が必要な個人事業者などを対象に、パソコンやスマートフォンを使用した給付申請手続きを支援する窓口を設置します。なお、窓口は「密」避けるため、事前予約制で行います。
■予約専用電話 市役所2階 商工観光課内の持続化給付金申請支援窓口〔電話(7093)7836〕《午前8時30分~午後5時15分 月~金曜日・祝日を除く》