更新日:2020年6月5日

田原小学校の概要と教育

概要

 

(田原小学校)

所在地 〒296-0016
千葉県鴨川市坂東285番地
電話番号 04-7092-0675
ファックス番号 04-7093-1399
アクセス JR「安房鴨川駅」より日東交通バス「追分」下車

学区の概要

 JR安房鴨川駅から約4キロメートル離れた長狭街道沿いに位置し、主要県道「田原天津小湊線」の起点でもあり、交通の便に恵まれている。学区のほぼ中心に位置し、公民館と認定こども園に隣接している。学区住民は、教育に対する関心が高く、協力的である。
 純農村地域であるが、保護者の職業は会社員が多く兼業農家の割合が高い。宅地造成が進められ、他地域からの転入者が増加しているが、児童数はほぼ横ばいである。

教職員構成

山口雅之校長以下、教職員17名

学級編制及び児童生徒数

学級編制及び児童生徒数(令和2年4月1日現在)
学年 1年 2年 3年 4年 5年 6年 合計
児童数 12 10 17 20 15 20

94名

 

本校の教育

教育計画

学校経営方針

  新型コロナウイルスに徹底対応した学校づくり

教育目標

~ 夢と思いやりの心を持ち,チャレンジする田原っ子 ~

めざす子ども像

    ・かしこい子(知)

    基礎基本をしっかりと身につけることができる子

    よく考え、自分の思いを伝え合う子

   ・あかるい子(徳)

    挨拶・背骨を伸ばす・ごみ拾いができる子

    相手の立場や気持ちを考えて行動できる子

   ・たくましい子(体)

    目標に向かって、進んで身体を鍛える子

    最後まで粘り強く取り組む子

                 

めざす学校像

  ・笑顔にあふれた学びがいのある学校

  ・厳しさと温かみのある学校

  ・花に囲まれた美しくきれいな学校

 

校内研究

主題

 「わかるできる算数学習」

研究の視点

  1 「見出す」過程における素材や素材提示の工夫

  2 自ら思考・判断したことを表現する場の設定

特色ある教育活動

地域を生かした体験的な活動

【地域の田を利用した米作り】
5年生が総合的な学習で、田植え、稲刈りを含めた米作りを行う。
地域人材(田んぼの先生)を活用し、苗立てや用具器具の扱い・収穫までの世話等に協力をいただく。

地域の方と連携した活動

  • 保護者による読み聞かせ
  • 交通安全教室(各学年・ 年1回)・・・・・鴨川警察署・交通安全協会田原分会の方を講師として、安全な歩行の仕方と自転車の乗り方を学ぶ。

 

外部講師の活用

専門家を講師として指導していただく。

  • 音楽指導
  • 図画工作(画家)
  • 書き初め(書家)
  • 医師による歯科保健指導
  • 水泳指導(インストラクター)

児童中心の活動

【田原リサイクル活動(月1回)】
 地域の各家庭が新聞、古紙、空き缶、牛乳パックなどを持ち寄る。その売り上げた代金はPTA特別会計、児童会活動費として子どものために使う。
【縦割り班活動】
 全校を8のグループに分け、清掃したり、業間に遊んだり、遠足などで一緒に活動したりする。決められたグループ以外でも休み時間には高学年が低学年と一緒に遊んでいる。
 

その他の取り組み

・一鉢栽培

・特別支援教育の充実

・田原見まもり隊との連携、防犯だより

・防犯カメラの設置

・自由参観日の設定

・家庭学習の手引きの配付

・田原土曜スクールへの児童の参加

 

田原小学校いじめ防止基本方針(PDF:233.9KB)

いじめ防止対策組織(PDF:254.2KB)

田原小学校学校経営グランドデザイン(PDF:211.7KB)

学校評価(内部評価)の結果(PDF:645.7KB)

田原小の今

 「緊急事態宣言」の延長による、新型コロナウイルスへの対応で臨時休校が続いています。その中で地域の皆様のご協力により進んでいる事業もあります。まだまだ、先行き不透明ですが地域に開かれた学校を目指している「田原小」の今を随時ご紹介します。

 今回は、5月7日に行った「田植え」の紹介です。地元の交通安全協会鈴木様のご尽力で毎年行われている事業ですが、残念ながら児童は参加できず鈴木様に機械植えをしていただき、最後に該当学年担任が実際に苗を植えました。稲穂が実るころには、元気な子供たちによる稲刈りが実施されることを楽しみにしたいと思います。

田原小学校田植え

田原小の今(学校再開に向けて)

新型コロナウイルス感染症対策による緊急事態宣言を受けて5月31日まで「臨時休校」となっていますが、学校再開に向けていろいろな準備を進めています。

ソーシャルディスタンスを確保し、常に前を向いた授業、自力解決を目指す授業等を目的に、大型テレビ受像機を購入しました。(子どもたちがリサイクルや米作りにより上げた収益、PTA特別会計より支出)その台づくりを教頭先生が行いました。

また、花壇の網棚づくりも進めました。

5月18日から、学年ごとに登校日を設けて分散登校が始まりました。

少しずつ日常が戻りつつあります。

一年分散

terebidai1

テレビ台

花壇

田原小の今(学校再開に向けて)2

業間ダッシュで鍛える

5月18日から始まった、学年ごとに登校日を設けての分散登校は、2週目を迎えました。5月25日(月曜日)は2年生・6年生の登校日でした。

本校では、「めざす子ども像」の一つとして、「たくましい子」の育成を目指しています。

目標の達成に向けた一つの手段として実施している「業間ダッシュ」の様子を紹介します。(下の写真は、5月25日の様子です。)

100mの直線トラックを利用した取り組みが、全校一斉に行われる日は、すぐそこまで来ています。少しずつ、少しずつ互いに鍛え合える子どもたちに育ってほしいものです。

 

ダッシュ

田原小の今 2か月遅れの 入学式

6月1日から約3か月ぶりに学校が再開されました。

94名の元気な子供たちの声が、校内に響き渡るようになり、やっとスタートを切ることができたことを喜びたいと思います。

「緊急事態宣言」は解除されましたが、新しい生活様式を根づかせながらの学校生活が続きます。ご家庭でのご協力もよろしくお願いします。

そんな中、6月3日(水曜日)。約2か月遅れの「入学式」を挙行しました。

12名の新入生及び保護者の皆様方には、晴れの日となりました。

今回は、入場から担任紹介、新入生呼名、学校長の話、6年生による「歓迎のことば」そして、集合写真(今回は、マスク付きと、マスクなしで撮影をしました。アップしたのは、マスクなしです。)を掲載しました。

syuugou

nyuuzyou

tannninn

komei

koutyou

kangei

田原小の今  芋苗植え 2年生と認定こども園年長組

学校再開5日目。

夏を思わせる暑さの中、2年生児童と認定こども園年長組園児が、合同で

「芋苗植え」を実施しました。

連携事業の一環として続いている取り組みです。

秋に美味しい「お芋」を収穫できるのが楽しみですね。

6月は、市の学習支援員として、地元女子サッカーチーム「オルカ鴨川」に

所属するMF南山千明選手が児童の学習支援をしてくださっています。

「芋苗植え」での支援もしていただきました。

imonae 1

imonae 2

imonae3

関連リンク

千葉県教育委員会

県教委ニュース

学力向上

お問い合わせ

学校教育課

〒299-5503 千葉県鴨川市天津1104
電話:04-7094-0512
メールのお問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。