更新日:2014年11月28日

平成26年度「第28回自然まるかじり体験塾」

東京都荒川区の子どもたちが、鴨川の夏を体験!

友好交流都市、東京都荒川区の子どもたちが、鴨川市の農家に宿泊しながら、農業や漁業を体験する恒例の「自然まるかじり体験塾」(主催:荒川区青少年育成地区委員会連絡協議会)が、8月19日から21日まで(2泊3日)の日程で行われ、今年は39人の参加者が鴨川の夏を体験した。
鴨川の自然に親しみながら、農・漁業体験を通じて、自然の恵みや食べ物の大切さを学ぶとともに、「他人の家」で学校や学年の違う子どもたちが共同生活することで、自立心や思いやりの心を育てるきっかけとしたいと実施している。昭和62年に始まり、今年で28年目を迎えた。参加者は市内10軒の農家に分宿しながら、鴨川の夏を体験。キュウリやナスなどの収穫のほか、流しそうめんや魚取りを行った。なお、最終日には漁船への乗船体験やアジのたたき、イカの塩辛づくりなどに挑戦し、3日間の鴨川の夏を思い出に帰路についた。

 

牛のえさやり体験画像

(牛のえさやり体験)

魚さばき体験画像

(うまくさばけるかな?)

お問い合わせ

企画政策課

〒296-8601 千葉県鴨川市横渚1450
電話:04-7092-1111(代)
直通電話:04-7093-7828(政策推進係、地域戦略係、交流推進係、地域協働推進室)
メールのお問い合わせはこちらから