更新日:2017年1月4日

市税の延滞金について

延滞金


納期限までに税金が完納されないときは、その翌日から税金完納の日までの期間の日数に応じて、税額に以下の割合を乗じて計算した額の延滞金を徴収します。

 

延滞金の割合

平成29年中に課される市税の延滞金は、以下の割合により算出します。

納期限後1カ月以内

      年2.7パーセント

納期限後1カ月経過後

      年9.0パーセント

 

延滞金の割合の改正について


国税における延滞税の見直しに合わせ、平成26年1月1日以降の期間に対応する市税から、次の割合により延滞金を算出しています。
 

延滞金の割合

納期限の翌日から1カ月を経過する日までの期間

      年7.3パーセント

納期限の翌日から1カ月経過後の期間

      年14.6パーセント

 


ただし、特例基準割合が年7.3パーセントに満たない場合は、次の割合が適用されます。

納期限の翌日から1カ月を経過する日までの期間

      特例基準割合+年1パーセント(上限は年7.3パーセント)

納期限の翌日から1カ月経過後の期間

      特例基準割合+年7.3パーセント(上限は年14.6パーセント)

 

 

 

なお、平成25年12月31日までの期間に対応する市税については、年14.6パーセントの割合(納期限の翌日から1カ月を経過する日までの期間については対応する年分の特例基準割合)により、延滞金を算出しています。

 

関連リンク

特例基準割合について

お問い合わせ

税務課

〒296-8601 千葉県鴨川市横渚1450
電話:04-7092-1111(代)
直通電話:04-7093-7832(市民税係、保険税係、固定資産係、納税推進室)
メールのお問い合わせはこちらから