更新日:2017年7月20日

平成28年度に千葉県内の全市町村において、個人住民税の特別徴収義務者への指定を一斉に行います。

個人住民税の特別徴収一斉指定について

 千葉県と県内全市町村は、法令遵守、納税者の利便性の向上、住民税の滞納を抑制するため、所得税の源泉徴収義務がある事業主に対して、平成28年度から個人住民税(市民税・県民税)の特別徴収(給与からの天引き)を徹底することとなりました。
 特別徴収を実施していない事業主、また税理士等の関係者の皆様におかれましては、平成28年度の個人住民税の課税から円滑に対応できるよう準備をお願いいたします。

特別徴収とは

 個人住民税の特別徴収とは、所得税の源泉徴収と同じように、事業主(給与支払者)が毎月従業員等に支払う給与から個人住民税を徴収(給与天引き)し、これをまとめて市町村に納入する制度です。
 この制度は、地方税法第321条の4及び各市町村の税条例によって義務づけられており、事業主、法人・個人を問わず、特別徴収義務者として従業員等の個人住民税を特別徴収する必要があります。 

特別徴収義務者
 地方税法第321条の4及び各市町村の条例の規定により、特別徴収の指定を受けた給与の支払い者のことをいいます。

特別徴収事務のながれ

  1. 給与支払報告書の提出(毎年1月31日まで)
    事業主(給与支払者)は毎年1月31日までに、その年の1月1日現在において従業員が住んでいる市町村に給与支払報告書を提出します。
  2. 税額の計算(3月~4月)
    市町村は提出された給与支払報告書や確定申告書、住民税申告書を基に個人住民税の税額を計算します。
  3. 特別徴収税額の特別徴収義務者(給与支払者)への通知(5月中旬)
    毎年5月31日までに特別徴収義務者に特別徴収税額決定通知書及び納付書を送付します。
  4. 特別徴収税額の従業員への通知(5月31日までに)
    特別徴収義務者に送付された納税義務者用の特別徴収税額決定通知書を従業員の方に交付します。
  5. 給与から個人住民税を天引き(6月~翌年の5月まで)
    特別徴収税額決定通知書(特別徴収義務者用)に記載されている個々の従業員の月割額額を給与から天引きします。
  6. 個人住民税の納入(給与天引きした月の翌月10日まで(毎月))
    個人住民税額を合計し、翌月の10日までに金融機関等で納入します。

個人住民税特別徴収についてのQ&A等

 特別徴収に関するQ&A等については、下記HPをご覧ください。

特別徴収に関するQ&A

給与所得者異動届出書(PDF:138KB)

特別徴収切替依頼書(PDF:71.4KB)

特別徴収義務者の所在地・名称変更届出書(PDF:70.1KB)

特別徴収税額の納期の特例に関する申請書(PDF:21.4KB)

お問い合わせ

税務課

〒296-8601 千葉県鴨川市横渚1450
電話:04-7092-1111(代)
直通電話:04-7093-7832(市民税係、保険税係、固定資産係、納税推進室)
メールのお問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。