更新日:2020年11月18日

新型コロナウイルス陽性者の発生及び新病院建設事業の一時中断について

市立国保病院建設工事現場における新型コロナウイルス陽性者の発生について

 このほど鴨川市立国保病院の新病院建設現場で、新型コロナウイルス感染症の陽性者4名(市内居住者3名、市外居住者1名)が確認されました。

 これにともない、安房保健所では感染拡大防止のため、濃厚接触者を調査しておりますが、これに併せ、工事受注者である東急・冨士三建特定建設工事共同企業体では、建設現場で働く従業員、作業員に対して自主的にPCR検査を実施しております。今のところ、陽性者4名以外のPCR検査を行った従業員は、いずれも「陰性」という結果が出ており、感染者は確認されておりません。

 また、隣接する鴨川市立国保病院には、建設現場従業員、作業員はいずれも立ち入りしていないため、患者様や来院者と接することはなく、通常どおりの業務を行っております。

 市民の皆様には、ご心配をおかけしておりますことに対し深くお詫び申し上げます。

 市といたしましては、安房保健所の指導のもと工事受注者と引き続き、感染状況及び経路把握に努め感染防止対策の徹底を図るとともに、市民の皆様に対しまして情報提供に努めてまいります。

 

新病院建設事業の一時中断について

 新病院建設現場における新型コロナウイルス感染症の陽性者の発生にともない、工事受注者である東急・冨士三建特定建設工事共同企業体は、工事範囲を限定して建設事業を進めてまいりましたが、今後の感染拡大を未然に防ぐため、11月17日から建設工事の一時中断の申し出がありました。

 これを受け、市といたしましては、建設現場はもとより市民への感染拡大防止の観点から、新病院建設事業の一時中断はやむを得ないと判断し、本日(11月17日)から工事を一時中断いたします。

 なお、今後の工事再開につきましては、工事現場における作業環境の安全性の確認とともに感染防止対策の徹底が図られ次第、工事を再開させていただく予定でおります。

 

プレスリリース(PDF:194.1KB)

お問い合わせ

国保病院

〒296-0112 千葉県鴨川市宮山233
電話:04-7097-1221(代)
メールのお問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。