ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 子育てサイト「のびのびかもっこ」 > 子育て関連情報 > 生涯学習・国際交流 > 鴨川市土曜スクール合同事業で「第2回ボッチャフェスタ」を開催

本文

鴨川市土曜スクール合同事業で「第2回ボッチャフェスタ」を開催

ページID:0026348 更新日:2024年2月9日更新 印刷ページ表示

 鴨川市内で展開される7つの土曜スクールの合同事業で「第2回ボッチャフェスタ」が同市教育委員会、安房地域リハビリテーション広域支援センターとの共催で1月27日(土曜日)、江見小学校体育館で開催。土曜スクールに通う児童93人が集結しました。
 開会式では、同市教育委員会の山口昌宏次長と同センター講師の佐伯考一氏が挨拶。佐伯講師は、「ボッチャを通じて、共生社会やお互いを尊重し認め合える心も感じながら、試合を楽しんでほしい」と話しをしました。
 競技では、各土曜スクールで3人1組のチームを結成し、6コートに分かれリーグ戦にて実施。試合前後には、自己紹介やグータッチなどを行い、互いの交流・尊重なども体感してもらいました。子どもたちはフェスタ開催に向けて、各土曜スクールで事前に行っていた練習の成果を活かし、緊張の面持ちから一球を丁寧に投球し、ボールの行方に一喜一憂しながらゲームを楽しむ姿が見られました。
 参加した児童からは、「ルールも簡単で楽しい。」、「試合終わったあとのグータッチが良かった。」「違う学校の子と話ができた。」などの声が聞かれました。
 最後には、各土曜スクールの指導者たちが選手となり、ゲームを実施。児童たちはコートを囲み、自分の所属する土曜スクールの指導者たちに、大きな声で声援を送り、大いに盛り上がりました。
 児童にとっても、土曜スクールの指導者にとっても、ボッチャを通じて楽しい半日を過ごすことができました。

 佐伯講師は「鴨川市内においてボッチャのゲームを楽しむ機会が増えています。オリンピック・パラリンピックイヤーでもあり、子どもや高齢者、障害者がパラスポーツを通じて、同じコートで真剣勝負ができる機会を今後とも増やしていけたらと思います。そして、共生社会の推進に貢献していきます」と話していました。

成績

  • Aコート優勝  WeekendSchool未来塾1
  • Bコート優勝 東条なごやかスクール2
  • Cコート優勝 江見小わくわくスクール1
  • Dコート優勝 東条なごやかスクール4
  • Eコート優勝 田原土曜スクール2
  • Fコート優勝 西条土曜スクール6

 

ボッチャフェスタの様子

 ボッチャフェスタの様子1

 

 ボッチャフェスタの様子2

 

 ボッチャフェスタの様子3

 

 ボッチャフェスタの様子4

 

指導者ゲーム エキシビジョン

 

 指導者ゲーム2

 

集合写真

 集合写真

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?