ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 小中学校 > 市内の小学生が空手道の全国大会に兄弟で出場

本文

市内の小学生が空手道の全国大会に兄弟で出場

ページID:0022468 更新日:2023年6月23日更新 印刷ページ表示

 田原小学校5年生の真田暁斗選手が、第23回千葉県小学生空手道選手権大会の組手の部で優勝し、市長に全国大会に出場することを報告しました。

 兄の同小学校6年生の真田晴斗選手は、昨年度、県大会で優勝し、全国大会で3位に入賞。今年度の全国大会ではスーパーシード権を獲得し、兄弟での全国大会出場がかないました。

 市長は「素晴らしい成績おめでとうございます、次はもっと上の成績を期待しています。」と激励の言葉を述べました。

 指導者の空手道勝山会総帥の池田勝氏は「真田暁斗選手は、兄の真田晴斗選手と二人三脚で常に切磋琢磨した結果、全国大会出場の切符をつかみ取った。兄弟そろっての全国大会出場は快挙である。今大会でもう一歩だった選手は、9月16日に小学校選抜大会が控えているため日々の稽古に励んでほしい。」と話しました。

 また、真田兄弟の全国大会出場の報告のほか、県大会で上位に入賞し、全国大会・関東大会(スポーツ少年団関東ブロック競技別交流大会(空手道))に出場する選手の報告がありました。

 関東大会(スポーツ少年団関東ブロック競技別交流大会(空手道))は7月28日(金曜日)~30日(日曜日)、全国大会は8月7日(月曜日)~9日(水曜日)の日程で、いずれも東京武道館で行われます。

 

第23回千葉県小学生空手道選手権大会成績→今後

真田晴斗選手 田原小学校6年生(昨年度県大会で優勝、全国大会で3位)→組手の部全国大会スーパーシード出場

真田暁斗選手 田原小学校5年生 組手の部優勝→全国大会出場

相川央佑選手 鴨川小学校6年生 形の部3位・組手の部5位入賞→関東大会出場

小倉彩選手 東条小学校1年 組手の部5位入賞

スポーツ少年団関東ブロック競技別空手道交流大会出場者

真田晴斗選手 組手の部

相川央佑選手 形の部

賞状やメダルをもって市長と教育長と写真をとる空手道の入賞者

▲左から、池田勝氏、真田暁斗選手、相川央佑選手、長谷川市長、小倉彩選手、真田晴斗選手、鈴木教育長

空手の形を披露している写真

空手の形を披露している写真(正面)

▲空手の形を披露してくれた相川央佑選手

教育長が見守るなか空手の組手を披露している写真

教育長が見守るなか空手の組手を披露している写真

▲空手の組手を披露してくれた真田晴斗選手と真田暁斗選手

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

小中一貫教育について
学校運営協議会(コミュニティ・スクール)
入学・転校・就学援助
学校給食センター