ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 健康福祉部 > 子ども支援課 > 児童扶養手当現況届の誤送付について

本文

児童扶養手当現況届の誤送付について

ページID:0009077 更新日:2021年8月5日更新 印刷ページ表示

 児童扶養手当現況届を誤送付する事態が発生しましたので、以下のとおりお知らせいたします。

 

事態の概要

 7月30日(金曜日)に、児童扶養手当の現況届(提出月が8月)を対象者235名に送付しました。
 今回、この現況届を誤って本人以外の方に送付する事態が発生しました。
 誤送付が発覚した経緯は、郵便を受け取った方から、別の方の児童扶養手当現況届が同封されているとの連絡があり、これを確認したところ誤送付が判明したものです。

個人情報の内容

 現況届には、受給者住所・氏名・生年月日、電話番号、公的年金受給状況などの個人情報が記載されております。

事態の経緯

7月30日(金曜日)
 ・児童扶養手当現況届に関する書類一式を郵送。
7月31日(土曜日)
 ・郵便を受け取った方から別の方の現況届が入っているとの連絡があり、内容を確認の上、謝罪し、送付物を回収。
 ・回収した送付物の現況届を名簿と比較したところ、少数の誤送付ではない可能性が想定されたため、回収対象をすべての送付者とした。
8月1日(日曜日)
 ・すべての送付物を回収するため、送付した全員に連絡をとり、連絡がとれた方の自宅を訪問し、謝罪の上、送付物を回収。
8月2日(月曜日)以降
 ・送付物の回収のための連絡、訪問を継続。

誤送付の原因

 誤送付となった原因は、送付物封入時に、本来行うべきであった複数人による送付内容物の住所・氏名の確認を行っていなかったことによります。


対応策と防止策

 市では、今回送付した郵便物すべての回収を決定し、送付対象者に対して電話等により連絡をとり、現在も謝罪の上、訪問等により回収しております。
 防止策といたしましては、今回、十分な確認作業をしなかったことがすべての原因であり、今後このようなことが二度とないよう、複数人での確認作業を徹底します。

長谷川市長のコメント

 今回の誤送付につきましては、送付物の送付の際、十分な確認を行わなかったことによる人的ミスでございます。
 このような事態は、あってはならないことであり、職員には、改めて、再発防止と、更なる適正な事務執行の確保に向け、しっかり取り組むよう、強く指示を致しました。
 今回の事案の重大さを十分に認識し、また貴重な教訓として、組織全体として更なる適正な事務執行の確保を図り、信頼回復に努めてまいりますので、どうぞ市民の皆様には、ご理解、ご協力を賜りますようお願いを申し上げますとともに、お詫び申し上げます。

 

 

 

 

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?