ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 経営企画部 > 市民交流課 > 山梨県身延町より しだれ桜の贈呈

本文

山梨県身延町より しだれ桜の贈呈

ページID:0000670 更新日:2021年6月2日更新 印刷ページ表示

姉妹都市 山梨県身延町よりしだれ桜が寄贈されました

平成28年1月13日、14日に姉妹都市の山梨県身延町より、望月町長や野島議長など12名が鴨川市を訪れ、友好の証として身延町のシンボル「しだれ桜」を市総合運動施設に植樹しました。

しだれ桜が贈られるのは、平成22年に続き2度目です。今回は、身延町の合併10周年を記念し「町の木」にしだれ桜を制定したことを受け、鴨川市に11本を贈呈いたしました。総合運動施設に7本。清澄寺境内に4本植樹されました。

13日に、陸上競技場緑地スペースで植樹式を行いました。

身延町と鴨川市の両市町長、議長、田原小学校6年生4名が、しだれ桜の苗に土をいれて、一層の交流発展を誓いました。

山梨県身延町よりしだれ桜が寄贈されましたの画像1

山梨県身延町よりしだれ桜が寄贈されましたの画像2

山梨県身延町よりしだれ桜が寄贈されましたの画像3