ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

自主防災組織補助金

ページID:0000258 更新日:2021年8月30日更新 印刷ページ表示

自主防災組織が活動する際に、補助金を交付します。

補助対象者

 補助の対象となる者は、おおむね10世帯以上で構成される自主防災組織とします。

補助対象経費

  1. 避難場所等整備事業
    地域の避難場所等の整備に要する経費
  2. 防災備品・防災備蓄品購入事業
    防災備品または防災備蓄品の購入に要する経費

  • 発電機
  • 投光機
  • 懐中電灯
  • コードリール
  • バール
  • ジャッキ
  • ノコギリ
  • スコップ
  • つるはし
  • ハンマー
  • チェーンソー
  • 簡易トイレ
  • 担架
  • リヤカー
  • 間仕切りダンボール
  • テント
  • 災害時備蓄食糧
  • 備蓄医薬品
  • 救急セット
  • ヘルメット
  • メガホン
  • ラジオ
  • 災害時真空パック毛布
  • 携帯コンロ
  • 携帯燃料
  • その他市長が必要と認めるもの。

補助金の額

 補助金の額は、補助の対象となる経費の2分の1に相当する額(千円未満の端数があるときは、これを切り捨てた額)とします。

 ただし、上限額は20万円とし、同一の自主防災組織に対する補助金の交付は、1会計年度につき1回限りとします。

 交付を受けようとするときは、次の様式で危機管理課に申請してください。

 くわしくは、危機管理課にお問い合わせください。


自分と家族で生き残る「自助」
地域の助け合いで生き延びる「共助」
国や地方公共団体などが取り組む「公助」
被災してしまったら