ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルス感染症 > 新型コロナワクチン接種の予約方法(1・2回目接種)

本文

新型コロナワクチン接種の予約方法(1・2回目接種)

ページID:0012401 更新日:2022年12月5日更新 印刷ページ表示

 このページは、12歳以上の方のワクチン初回接種(1、2回目接種)の予約方法を案内するページです。
 その他の年齢の新型コロナワクチン接種は、以下のページでご案内しています。

新型コロナワクチン接種 予約受付の掲載ページ
対象年齢 接種回数 掲載ページ
生後6か月から4歳 1・2・3回目接種 生後6か月から4歳の方の新型コロナワクチン接種
5歳~11歳 1・2・3回目接種 5歳から11歳の方の新型コロナワクチン接種
12歳以上 3・4・5回目接種 オミクロン株対応ワクチン接種の予約方法

新型コロナワクチン初回接種(1・2回目接種)の予約受付

鴨川市内1,2回目接種実施医療機関
医療機関名 予約方法 接種日程

東条病院

鴨川市広場1615

【受入】18歳以上の方のみ
【取扱ワクチン】ファイザー

▶窓口

▶【月~土曜日】 午前8時30分から午前11時

▶12月23日(金曜日)、令和5年1月13日(金曜日)、2月3日(金曜日)、2月24日(金曜日)、3月17日(金曜日)
▶午後2時

 

【安房郡市内の実施医療機関情報】

 安房郡市内の実施医療機関情報は、各市町のホームページからご確認ください。

   館山市のホームページはこちら<外部リンク>

 南房総市のホームページはこちら<外部リンク>

 鋸南町のホームページはこちら<外部リンク>

武田社ワクチン(ノババックス)の接種について

 千葉県では、武田社ワクチン(ノババックス)の接種を希望される方を対象に、接種体制を構築しています。
 mRNAワクチン(ファイザー社ワクチン/モデルナ社ワクチン)に含まれるポリエチレングリコールに対するアレルギーがあり、接種を控えていた方は、この機会に本ワクチンの接種をご検討ください。
 接種を希望される方は、以下をご一読いただき、お申し込みください。


(1)初回(1,2回目)接種
 ・1回目接種を希望される方
 ・2回目接種を希望される方で、1回目で武田社ワクチン(ノババックス)を接種後、3週間以上が経過(接種日から3週間後の同じ曜日以降)した方
 ※1,2回目は、原則として同じワクチンを接種することとなっています。
 ※ただし、1回目で武田社ワクチン(ノババックス)以外を接種し、接種後に重篤な副反応等が生じたこと等により、医師から2回目は別のワクチンで接種することが望ましいと判断された方は接種可能。(受付時に、所定の専用フォームで申し込んでください)
(2)追加(3回目)接種
 ・2回目接種後、6か月以上経過している方
 ※初回接種を武田社ワクチン(ノババックス)以外で接種された場合でも、接種可能です。
 ※国の方針により、現時点では4回目接種に武田社ワクチン(ノババックス)は使用できません(ファイザー社製およびモデルナ社製を使用予定)。

 受付方法
千葉県ホームページ上の「ちば電子申請サービス」で受付を開始します。詳細は、下記の千葉県ホームページをご確認ください。
◎千葉県ホームページ 武田社ワクチン(ノババックス)の接種を希望される方へ
https://www.pref.chiba.lg.jp/shippei/kansenshou/ncov/vaccine_nv_1.html<外部リンク>
「接種医療機関一覧」から「接種希望日」を選択いただくと、「ちば電子申請サービス」の予約受付フォーム」に移動します。案内に従い、予約を行ってください。

他のワクチンを接種した(する)場合の接種間隔

他のワクチンとの接種間隔は、2週間空けることとされています。

他のワクチンを接種した場合、またはこれから接種する場合は、予約の際にご注意ください。
※ただし、インフルエンザワクチンを接種する場合は、前後2週間以上間隔をあける必要はなく、同日や同時の接種が可能です。

 

【例1】新型コロナワクチンを先に受ける場合

・新型コロナワクチン(ファイザー社製)1回目

     ↓ 3週間空ける

・新型コロナワクチン(ファイザー社製)2回目

     ↓ 2週間以上空ける

・高齢者肺炎球菌ワクチン

【例2】高齢者肺炎球菌ワクチンを先に受ける場合

・高齢者肺炎球菌ワクチン

    ↓ 2週間以上空ける

・新型コロナワクチン(ファイザー社製)1回目

    ↓ 3週間空ける

・新型コロナワクチン(ファイザー社製)2回目

【新型コロナワクチンの接種日が分からなくなってしまった場合】

 新型コロナワクチンの接種日が分からず、他のワクチンの接種ができない場合は、「新型コロナワクチン接種済証」の再発行を行ってください。
 詳しくは、「新型コロナワクチン接種済証等を紛失された方へ」をご覧ください。