ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政 > 市の概要 > 特別職・幹部職員の紹介 > 特別職・幹部職員の紹介 > 総務部 危機管理課長 長幡 祐自(ながはた ゆうじ)

本文

総務部 危機管理課長 長幡 祐自(ながはた ゆうじ)

ページID:0006475 更新日:2021年8月19日更新 印刷ページ表示

危機管理課長の写真

業務の紹介

 危機管理課では、全国各地で発生している災害の状況を踏まえ、警察、消防、自衛隊をはじめとした防災関係機関などと連携を図るとともに、防災行政無線などの管理・運営、各種訓練の実施、防災啓発活動や備蓄品の管理などを行っています。

メッセージ

 「自助・共助・公助」という「三助の思想」は、江戸時代中期の米沢藩主上杉鷹山が唱えたといわれています。一般的に、災害時の助けとなる割合は、自助が7割、共助が2割、公助が1割とされており、事実、阪神・淡路大震災では、自助や共助(家族や地域住民)により9割以上の方が救出されています。
 災害を他人事ではなく、自分事と捉え、「自らの安全は自らで守る」「地域の安全は自分たちで守る」という防災意識のもと、官民連携による防災力の強化に努めてまいりますので、皆様のご協力をお願いします。

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されていましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?